« ブルーレイディスクマイスタークイズ4th | トップページ | GALAXY Tab »

NVIDIA 3D VISION

3Dには興味があるけどお気に入りのテレビやプロジェクターを買い換えるほどでもない・・・

・・・というわけで、PCを3D化してみました。

NVIDIA 3D VISIONは、NVIDIA製ビデオカードに対応したフレームシーケンシャル方式の3Dメガネセットです。3D表示には120Hz対応のディスプレイも必要になりますので、両方あわせて5.5万円程度の投資が必要になります。
さらにPowerDVDなどのBlu-ray 3D対応のプレーヤーソフトを追加すれば、ゲームやBlu-ray 3Dが1台のPCで楽しめるようになります。

ショールームなどで観た3Dテレビの状況から、それほど期待はしていなかったのですが、思ったより良い感じ。画面から飛び出してくるというよりは、表示面が一番手前で奥行きが表現されるという感じです。物足りない点としては対応ディスプレイが23インチ前後のものしかなく、サイズ的に小さいこと。もう少し大きなサイズのディスプレイが出てくるまで待ったほうがよいかもしれません。(もっとも今後どの程度普及するかわかりませんが)

ゲーム、BD-3Dともソフトによる差は結構大きく、自然な感じの3D表現がされるものもあれば、違和感のあるものもあります。まあこの辺は普及が進めば、よい方向に進んでいくとは思いますが、今後どの程度普及して行くかですね。メガネが必要なわずらわしさを考えると、2Dでも高画質であれば立体感は十分に感じられますし、クオリティーの向上がポイントになる気がします。

« ブルーレイディスクマイスタークイズ4th | トップページ | GALAXY Tab »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144618/49833666

この記事へのトラックバック一覧です: NVIDIA 3D VISION:

« ブルーレイディスクマイスタークイズ4th | トップページ | GALAXY Tab »